バストアップのために何をすればいいのか

バストアップのために何をすればいいのか

バストアップのために何をすればいいのか

 

バストアップはどの世代の女性にとっても気になる関心事です。ここでは、毎日無理なく行えるバストアップ方法について説明していきます。

 

毎日無理なく行える方法として、運動と食生活の改善があります。運動としては、胸回りの脂肪をしっかりと支え、下垂を防ぐための大腰筋をしっかりと鍛えることが大切です。

 

方法としては、机や壁に腕を伸ばし、腕立て伏せのようにゆっくりと体重をかける方法があります。何回も回数を重ねる必要はありませんが、毎日継続することによって大胸筋を無理なく鍛えることができます。

 

次に、食生活についてです。バストを育てるためには良質なたんぱく質をバランスよく摂取するようにしましょう。大豆や赤身の肉など、動物性と植物性のものをしっかりと食べるようにします。

 

また、体が冷えると血行が悪くなりますから、普段から体を冷やさないようにすることも大切です。

 

睡眠などの休息もしっかりととるようにし、ストレス解消のための方法をしっかりと見つけることも健康なバストのためには大切です。

 

バストアップに筋トレは欠かせません

 

バストアップに欠かせないのは筋トレです。バストは大きくても小さくても垂れます。しかし大胸筋があると歳をとっても綺麗なバストを保つことができます。

 

最も簡単にできる筋トレは腕立て伏せです。10回から30回毎日すると効果があります。しかし、腕立て伏せがつらいのであれば胸の前で合掌のポーズをして、手の平を押し合うようにするだけでも良いです。

 

裸になり自分のバストを鏡で見ながら合掌すると、押すたびにバストの位置が上がるのを実感できます。垂れ気味のバストが一瞬上向きになるでしょう。またバストアップにはバストを揺らさないことが大事です。

 

運動する時はしっかりブラジャーで固定し、上下に胸が揺れるのを防ぐことが大事です。バストアップにはジョギングよりもウォーキングの方が向きます。

 

あまり激しい運動をするとバストの脂肪まで燃焼してしまいバストが小さくなってしまうことがあるからです。ウォーキングはバストも揺れず、足痩せにも効果的です。

 

産後のバストアップについて

 

出産に伴う胸の変化というものは、出産を経験する女性にとって必ずといっていいほど経験するものです。

 

カップ数の増加も然り、赤ちゃんのための授乳器になるものですから、目があまりよろしくない赤ちゃんが発見しやすいようにバストトップの色の変化も見られたりします。

 

授乳を経てママのみなさんが実感するのは、乳房の垂れだといいます。そこで産後のバストアップのケアというものが必要になってきます。

 

産後は授乳のために乳房は張り、ママの体重も全体的にふくよかになり、栄養を蓄えるようになります。ですが、赤ちゃんに栄養を与えることでママ自身は授乳をしていれば痩せていくと言われています。

 

それなので、授乳期を経た時、ママはたいがい体重は産前同様に戻りつつあり、バストだけが垂れ、バストアップが必要なだけの状態になっているものです。

 

そしてストレッチや運動でなんとかなるものです。言っておきますが、授乳をしている最中にダイエットサプリを服用したり、薬を摂取したりすることは絶対にしてはいけません。そこは覚えておいてほしいところです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
バストアップラボ特典付きレビュー